ページ本文

金融経済教育

 現代社会では、貯蓄、資産運用、資金借入れ等の目的に応じて様々な金融商品を利用し、金融との関わりを持つことは避けられません。このような中、国民一人ひとりが社会人として経済的に自立し、より良い暮らしを送るためには、生活設計に合わせて金融商品を適切に利用選択する知識・判断力を身に付けることが重要です。
 財務局では、学校(小中高大専)の授業や教員向け研修、地域のセミナーなど、ご依頼に応じた内容で、講師派遣(無料)をさせていただくほか、子ども向けに体験学習等を企画していますのでお気軽にご相談ください。

講師派遣

金融経済教育講師派遣チラシ(PDF形式:542.4KB)

金融経済教育セミナー案内チラシ(PDF形式:5.72MB)
主な講座テーマ
・金融・経済の基礎知識
・金融商品(預貯金・株式・保険・ローン等)の利用選択
・金融トラブルの被害防止
・電子マネーの仕組み 等

詳細は下記お問い合わせ先にご相談ください。

※上記のほか、国の財政状況、社会保障、経済動向等についての講師派遣はこちらをご覧ください。

体験学習

春休み、夏休みに子ども向け体験学習等を実施しております。

主な活動事例

放課後チャレンジスクール(さいたま市立南浦和小学校)~特別講座「おこづかい講座」~

令和2年2月3日(月)、さいたま市立南浦和小学校1年生から3年生(計23名)に対し、「おこづかい講座」を実施しました。この講座は、決められたおこづかいの中で、「買わなきゃいけないもの」と「欲しいもの」を買いながら、ゴールを目指すというすごろくゲームを通してお金の使い方を学ぶものです。すごろくゲームの実施と、その後の振り返りを通じて、楽しみながら計画的なお金の使い方等を学んでいただきました。

講座の様子

すごろくゲーム

みん活ウィンターフェスタ2019

令和元年12月14日(土)、飯能市市民活動センターで開催された「みん活ウィンターフェスタ2019」において、金融知識の普及を目的としたブースを出展しました。当日は世界各国の通貨の特徴などを紹介しながら、お金にまつわるクイズ、1億円の重さ体験、国旗・通貨・国名の組合せゲーム、記念貨幣の塗り絵などを行い、当ブースを訪れた小・中・高校生や親子連れなど多くの方に、楽しみながらお金について学んでいただきました。

会場の様子

会場の様子

地域住民向け講座「金融の基礎知識及び特殊詐欺等金融犯罪被害防止について」

講座の様子

令和元年12月6日(金)、三郷市NPO法人「ワーカーズコレクティブ青いそら」の依頼により、高齢者を中心とした地域住民向けに、ライフプランや家計にあった金融商品(預貯金、株式、債券、投資信託等)を適切に選ぶための知識や、振り込め詐欺等の金融犯罪被害にあわないための注意点を解説する講座を実施しました。
講座終了後には、詐欺に関して身の回りの出来事や被害防止するための各自の取組について意見交換が行われました。

教員向け講演「金融トラブルと金融経済教育」

会場の様子

令和元年11月29日(金)、埼玉県教育局県立学校部高校教育指導課主催「成年年齢引下げに関する研修会」において、埼玉県高等学校教員(公民科・家庭科)に対し、金融庁職員による講演が行われました。「金融トラブルと金融経済教育」をテーマに、成年年齢引下げを踏まえた金融分野の消費者教育の推進や、生活設計・資産形成など、高校生に教えていただきたい金融の基礎知識について説明を行いました。

子育て世代のためのマネー講座~所沢市子ども支援センター「ルピナス」~

会場の様子

令和元年11月26日(火)、所沢市子ども支援センター「ルピナス」において、子育て世代を対象に、子どもと一緒に聞く車座形式でマネー講座を開催しました。ライフプラン表の作成、教育資金の準備方法、長期・分散・積み立て運用の効果等のほか、ライフイベントに財政がどのように関わっているかなど日本の財政について説明を行いました。
また、令和元年10月1日から消費税率が引き上げられた(8%→10%)ことを踏まえ、消費税率引上げによって実現する政策等についての説明も行いました。
当日は、17組19名の子育て世代の方々が参加され、講座終了後には、教育資金の準備等について活発な質疑応答がなされました。参加者からは、「家計についてこれから考えていきたい」、「消費税について、ニュースなどで理解していたつもりだが、より理解を深めることができた」などの意見が寄せられました。

大学生向け金融経済教育講座「生活設計と金融商品の利用・選択~資産形成関連の内容を中心に~」

講座の様子

令和元年11月21日(木)、成城大学「ワーク×ライフ×マネーバランス入門講座」において、「生活設計と金融商品の利用・選択~資産形成関連の内容を中心に~」をテーマに講座を実施しました。
学生たちは熱心にメモを取りながら、金融商品の基礎知識(株式、債券、投資信託、つみたてNISA等)について受講していました。
講座終了後には、つみたてNISAの制度等、資産運用について活発な質疑応答がなされました。

群馬県消費生活相談員向け講座「消費生活相談の実務に役立つ金融知識」

令和元年11月20日(水)、群馬県消費生活課の依頼により、群馬県消費生活相談員向けに「消費生活相談の実務に役立つ金融知識(海外の未公開株の被害実例の説明や金融商品取引法に関する具体的な相談事例の紹介等)」の講座を実施しました。
講座は座談形式で実施され、金融商品取引法に関する相談事例等について活発な質疑応答がなされました。

講座の様子

講座の様子

親子で学ぶマネーとゼイの講座

令和元年11月10日(日)、川口市SKIPシティにて行われた「税に関する絵はがきコンクール表彰式」(川口法人会主催)において、表彰式に参加した小学生とその家族を対象に「親子で学ぶマネーとゼイの講座」を実施しました。
当日は、「お金の歴史」、「お金の流れ」、「お金のクイズ」の3本立てで講座を行い、楽しみながらお金に関して学んでいただきました。

会場の様子

会場の様子

地域住民向け講座「暗号資産・電子マネー等最近の金融商品事情について」

令和元年10月30日(水)、志木市地域包括支援センターブロンの依頼により、近隣の高齢者向けに「暗号資産・電子マネー等最近の金融商品事情について」の講座を実施しました。
講座終了後には、暗号資産や電子マネー等について活発な質疑応答がなされました。

講座の様子

講座の様子

市民大学向け講座「金融の基礎知識及び特殊詐欺等金融犯罪被害防止について」

講座の様子

令和元年9月26日(木)、和光市教育委員会からの依頼により、高齢者を中心とした和光市民大学の受講生向けに、ライフプランや家計にあった金融商品(預貯金、株式、債券、投資信託等)を適切に選ぶための知識や、振り込め詐欺等の金融犯罪被害にあわないための注意点を解説する講座を実施しました。
講座終了後には、金融の基礎知識等について活発な質疑応答がなされました。参加者からは、「特殊詐欺がなんで減らないのか考えさせられた。金融リテラシーは参考になった」、「『自分は大丈夫』とは思わず、『キッパリ断る』『折り返しの電話をしない』『相談する』など対処しようと思った」などの意見が寄せられました。

さいしん夏休みキッズスクール~特別授業「おかねのれきし」~

令和元年8月7日(水)に埼玉縣信用金庫浦和支店で開催された「さいしん夏休みキッズスクール」において、参加した小学校4年生から6年生(計12名)に対し、「おかねと信用金庫の仕組み」と題した特別授業を実施しました。
お金の役割(➀交換の手段、➁ものやサービスの価値をはかる尺度、➂価値を貯めておく手段と信用金庫の仕事を中心に簡単な例を出して説明を行いました。
小学生たちは、授業中にメモを取るなど、お金が登場した理由等を楽しみながら熱心に学んでいました。

講座の様子

講座の様子

子育て世代のためのマネー講座~川口市立戸塚児童センター「あすぱる」~

講座の様子

令和元年7月20日(土)、川口市立戸塚児童センター「あすぱる」において、子育て世代を対象に、子どもと一緒に聞く車座形式でマネー講座を開催しました。ライフプラン表の作成、教育資金の準備方法、長期・分散・積み立て運用の効果等のほか、ライフイベントに財政がどのように関わっているかなど日本の財政について説明を行いました。
また、令和元年10月1日からの消費税率引上げ(8%→10%)を控え、軽減税率制度等についての説明も行いました。
当日は、 10組15名の子育て世代の方々が参加され、講座終了後には、教育資金の準備等について活発な質疑応答がなされました。参加者からは、「家計の見直しをしてみたいと感じた」、「外食とテイクアウトの違いの部分がよくわかった」などの意見が寄せられました。

地域住民向け講座「金融の基礎知識及び特殊詐欺等金融犯罪被害防止について」

会場の様子

令和元年7月18日(木)、羽生市中央公民館の依頼により、高齢者を中心とした地域住民向けに、ライフプランや家計にあった金融商品(預貯金、株式、債券、投資信託等)を適切に選ぶための知識や、振り込め詐欺等の金融犯罪被害にあわないための注意点を解説する講座を実施しました。
講座終了後には、金融の基礎知識等について活発な質疑応答がなされました。

社会保険労務士向け講座

平成31年3月27日(水)、神奈川SR経営労務センターの依頼により、社会保険労務士向けの研修会で、「金融経済教育の推進及び家計の安定的な資産形成とNISA」、及び「電子マネーと暗号資産(仮想通貨)」の2コマの講座を実施しました。講座終了後には、「家計の安定的な資産形成」や「暗号資産」について活発な質疑応答がなされました。

講座の様子

講座の様子

親子で学ぼう!金融学習バスツアー

平成31年3月26日(火)、お金にかかわる機関をバスで巡る「親子で学ぼう!金融学習バスツアー」を開催しました。
当日は、19組40名(小学生の児童21名、保護者19名)が参加し、お札の印刷工場(国立印刷局)、東証Arrows(東京証券取引所)、日本銀行貨幣博物館の見学や、金融庁による「お金の使い方」に関するワークショップ、日本証券業協会による「株式会社とお金の仕組み」に関するグループワークを行いました。
施設見学や講座受講を通じて、各参加者に楽しみながらお金について学んでいただきました。

主催者による開催挨拶の様子

東京証券取引所の様子

株式会社とお金の仕組み講座の様子

子ども 夢 未来フェスティバル2019

平成31年3月17日(日)、埼玉県民活動総合センター(伊奈町)で開催された「子ども 夢 未来フェスティバル2019」において、金融知識の普及を目的としたブースを出展しました。当日はお金の歴史や偽造防止策、世界各国の通貨の特徴などを紹介しながら、お札にまつわるクイズ、1億円の重さ体験、国旗・通貨・国名の組合せゲームなどを行い、当ブースを訪れた小・中・高校生や親子連れなど多くの方に、楽しみながらお金について学んでいただきました。

会場の様子

会場の様子

会場の様子

高校生向け「金融経済教育講座~卒業後の家計管理等~」

平成31年2月12日(火)、都内の高校において、卒業を控えた3年生を対象に「金融経済教育講座~卒業後の家計管理等~」をテーマに講演を行いました。同校で使用している教科書(現代社会、家庭基礎)の復習から入り、これから独り立ちして生活していく上で最低限必要となる金融の知識や、今後、役立つと思われる知識について学んでいただきました。

講座の様子

講義者の様子


―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

「イベントのご案内」
「つみップオンライン」の開催について(金融庁ヘリンク)

オンライン講座「親子でまなぶ お金のこと」の開催について(金融庁へリンク)

本ページに関するお問い合わせ先

関東財務局 理財部金融監督第5課 利用者保護・金融知識普及担当  電話:048-600-1094

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader