ページ本文

国において所有権を留保している物件

 令和元年6月の財政制度等審議会国有財産分科会の答申を踏まえ、有用性が高く希少な国有地については、将来世代におけるニーズへの対応のため、留保財産として、所有権を留保しつつ、地域・社会のニーズを踏まえ、定期借地権による貸付けを行うこととしています。
留保財産貸付までの流れ。財産取得後、地域・規模に関する選定基準に該当する財産及び個別的要因を踏まえて選定することが適当と判断された財産を暫定留保財産として選定します。暫定留保財産は国有財産地方審議会への諮問後、留保財産として決定します。その後、地方公共団体との議論、民間のニーズ調査といった地域の意見を踏まえ、留保財産の利用方針案を作成します。利用方針案は国有財産地方審議会への諮問後、正式に利用方針として決定します。利用方針によって契約方法が異なります。利用方針1、公共随契対象施設で定借期間が10年から30年または50年以上の場合は随意契約。利用方針2、民間収益施設で定借期間が10年から30年の場合は二段階一般競争入札。利用方針3、複合施設で定借期間が10年から30年または50年以上の場合は二段階一般競争入札。地域の意見がなく、定借期間が10年から30年または50年以上の場合は随意契約または二段階一般競争入札。二段階一般競争入札とは、土地利用等に関する企画提案を審査し、審査を通過した者を対象に価格競争を行う入札方式です。随意契約又は二段階一般競争入札を経て留保財産の貸付を行います。

矢印 東北財務局における留保財産の選定基準及び暫定留保財産一覧

留保財産一覧

No 所 在 地 面 積
(平方メートル)
用途地域

建蔽率/容積率

留保財産
決定年月日
詳細
1

宮城県仙台市宮城野区

東仙台4-106-8

28,732.55 一種住居 60/200

令和元年12月12日

(PDF形式:334.5KB)

2

宮城県仙台市太白区

郡山5-201-14 ほか2筆

4,361.20

準工業

二種住居

60/200 令和元年12月12日

(PDF形式:348KB)

 

サウンディング型市場調査の実施

   利用方針の策定を行うため、事業に関心のある民間事業者等の皆様との対話を通じた、サウンディング型市場調

  査を実施します。詳細については「留保財産の利活用に関するサウンディング型市場調査の実施について」をご確

  認ください。

 

利用方針の策定状況

No 所 在 地
面 積
(平方メートル)
利用方針案
(作成年月日)
地方審議会
(利用方針決定日)
利用方針の内容
現在、利用方針の作成された財産はありません。

 国有財産東北地方審議会で利用方針について答申が得られた後は、利用方針に基づき、公的利用の要望受付、二段階一般競争入札などの手続きを進めることとなります。

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader