ページ本文

国において所有権を留保している物件

 令和元年6月の財政制度等審議会国有財産分科会の答申を踏まえ、有用性が高く希少な国有地については、将来世代におけるニーズへの対応のため、留保財産として、所有権を留保しつつ地域・社会のニーズを踏まえ、定期借地権による貸付けを行うこととしています。

矢印 近畿財務局における留保財産の選定基準及び暫定留保財産一覧

留保財産一覧

                                                                                                                      令和4年4月1日時点

No 所 在 地

面 積

(平方
メートル)

用途地域

(建蔽/容積)

留保財産

決定年月日

進捗状況

サウンディング型

市場調査の

実施結果

利用方針の内容

(決定年月日)

1

大阪府大阪市西区川口2丁目54番1 外1筆(PDF形式:1,540KB)

5,310.63 準工業
(60/200)

令和2年

2月10日

サウンディング型

市場調査実施中

- -
2

兵庫県神戸市垂水区上高丸3丁目2252-1863 外3筆(PDF形式:1,919.6KB)

2,432.29

 第一種及び

第二種中高層

住居専用

(60/200) 

令和2年

2月10日

利用方針策定中

結果の概要(PDF形式:354.9KB)

(令和3年

12月実施)

-
3

 大阪府大阪市中央区谷町2丁目31番 外3筆(PDF形式:1,079.5KB) 

4,727.26

商業

(80/800)

令和3年

4月22日

利用方針策定中

- -
4

滋賀県大津市御幸町111番3 外6筆(PDF形式:1,032KB)

4,192.59

商業

(80/400)

令和3年

4月22日

利用方針策定中

- -
5

和歌山県和歌山市二番丁2番、1番2(PDF形式:1,098.7KB)

2,907.32

商業

(80/400)

令和3年

4月22日

利用方針策定中

- -

 

 国有財産近畿地方審議会で利用方針について答申が得られた後は、利用方針に基づき、公的利用の要望受付、二段階一般競争入札などの手続きを進めることとなります。

 

サウンディング型市場調査の実施 (令和4年4月1日更新)

 

《調査概要》 

 留保財産の最適な有効活用を図っていくためには、地域の状況やニーズなどを踏まえつつ、民間事業者のご意見をお聞きし、そのアイデアやノウハウを最大限に活かして事業化に結び付けていく検討が必要となります。

 このため、定期借地による貸付を前提とした実効性のある利用方針の策定に向け、取組内容や事業方式などのサウンディング調査を実施することとしたものです。

 

《対象財産》

 大阪市西区川口2丁目5番、54番1

 

《実施要領等》

留保財産の利活用に関するサウンディング型市場調査実施要領(PDF形式:245.6KB)

別紙1 エントリーシート(Excel形式:13.6KB)

別紙2 調査票(Word形式:24.5KB)

別紙3 財産の位置、周囲の状況等に関する資料(PDF形式:3,040.6KB)

 

《参加申込》

・受付期間:令和4年4月1日 金曜日 から 令和4年4月22日 金曜日

・申込方法:上記「留保財産の利活用に関するサウンディング型市場調査実施要領」をご覧下さい。

 

《対話の実施》

・実施期間:令和4年5月16日 月曜日 から令和4年5月27日 金曜日

・実施内容:上記「留保財産の利活用に関するサウンディング型市場調査実施要領」をご覧下さい。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader