ページ本文

第2回TOKAIスタートアップセミナーを開催(令和4年5月25日)

 東海財務局では、東海地域の活性化に資するスタートアップ支援の機運を高めることを目的に、名古屋市、名古屋大学(学術研究・産学官連携推進本部)や中部経済連合会と連携して、管内地域金融機関とスタートアップ支援関係者との連携体制の充実に向けた取組を行っております。

 

 今年度は「地域金融機関に求められるスタートアップ支援」をテーマとして、「第2回TOKAIスタートアップセミナー」を5月25日に対面(ナゴヤイノベーターズガレージ)とオンライン(Zoom)のハイブリッド方式で開催し、ご案内した当局管内全ての地域金融機関(業・職域系信用組合を除く52先)にご出席いただくことができました。

 

スタートアップセミナーチラシ 登壇者プロフィール

 

 セミナー第1部では、最初に株式会社産業革新投資機構ファンド投資室長の秦由佳氏にご登壇いただき「地方に眠る将来性ある技術の活用」と題してご講演いただきました。

 続けて、信用金庫として初めてインキュベーション施設を設立した浜松いわた信用金庫ソリューション支援部新産業創造室副調査役の渡邉迅人氏から当金庫がスタートアップ支援の推進に至った経緯などを、また、名古屋大学の小西由樹子氏(学術研究・産学官連携推進本部スタートアップ推進室副室長)、小田一郎氏(同主任URA)、名古屋市の鷲見敏雄氏(経済局イノベーション推進部スタートアップ支援室長)からそれぞれスタートアップへの支援に向けた取組内容や地域金融機関に期待することなどをご説明いただきました。

 

(株式会社産業革新投資機構 秦氏)

(浜松いわた信用金庫 渡邉氏)

 

(名古屋大学 小西氏 小田氏)

(名古屋市 鷲見氏)

(株式会社LOZI Roberts氏)

 

 第2部では「スタートアップ・エコシステムにおける地域金融機関の役割」をテーマに5名のパネリストの方々にトークセッションを行っていただきました。モデレーター兼パネリストに名古屋大学の小西氏、パネリストに齋藤通雄東海財務局長、スタートアップ企業の株式会社LOZIのCEO Martin Roberts氏、産業革新投資機構の秦氏、名古屋市の鷲見氏を迎え、モデレーターの軽快な進行のもと、それぞれの立場で感じられている地域金融機関に期待するスタートアップ支援の内容などについてご発言いただき、最後までトークが盛り上がりました。

 

(トークセッションの様子)

 

 また、セミナー終了後には、対面会場において名刺交換会を実施し、登壇者と来場者との情報交換や交流の場としても活用していただくことができました。

 

 ご参加いただいた方々からは、「地域金融機関に求める役割等について、率直な意見を聞くことができて大変参考になった。」「産学官が感じている地域金融機関が取り組むべき事項についてよく理解できた。」「様々な立場の方によるセッションはとても有意義なものと感じた。」といったコメントをいただきました。

 

 今後も東海財務局が「つなぎ役」となり、東海地域のスタートアップ支援に資する「産官学金」の連携を推進してまいります。

 

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 総務部 総務課

電話 052-951-1814

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader