ページ本文

令和3年12月3日に札幌市立新川中央小学校で「財政教育プログラム」を実施しました:本局財務広報相談室

札幌市立新川中央小学校で「財政教育プログラム」を実施しました。

1.概要

開催日

令和3年12月3日(金曜日)

開催校、参加人数

札幌市立新川中央小学校 6年生74名

プログラムの内容

  • 財政についての講義
  • 予算編成シミュレーション
  • プレゼンテーション・ディスカッション

2.参加者からいただいた感想

  • 日本の財政が自分たちの未来に関係があるということを初めて知った。
  • 日本にはたくさんの借金があることを知り、その借金を返すのは自分たちであり、どうしたら借金を減らすことができるのかを考えることができた。
  • 「消費税が高い」と今まで思っていたが、授業を通して大切な税収であることを知った。
  • 公共サービスや日本の財政など、いろいろ学ぶことができたし、みんなと財政について話し合うことができて、楽しく学ぶことができた。
  • 最初は財政について何も知らなかったが、授業を受けて、財政の仕組みや税金について詳しく知ることができて、良い経験になった。
  • 自分たちの班の意見と同じ意見、違う意見など、様々な意見を聞き、視野を広げることができた。
  • 社会の授業だけでは響かなかったが、この授業を通して、心の奥まで響いた。

3.当日の写真

    財政について説明する講師と説明を聞く児童    財政に関するクイズを出す講師と挙手して回答する児童

 

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局総務部財務広報相談室
電話番号:011-709-2311(内線4270、4247)
ファクス番号:011-709-2196

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader