ページ本文

先輩職員からのメッセージ

令和3年度採用職員

地域、人、自分を大切にして働く

事務所前で撮影した画像

千葉財務事務所 財務課

令和3年度採用 女性

 

 財務課の主な業務は、財政融資と経済調査です。私はそのうち、財政融資を担当しています。道路や水道の整備など、地方公共団体が行う様々な事業に対し、財政融資資金を貸し付ける業務です。貸付けを行うにあたっての審査に加え、資金の貸し手として地方公共団体の財政状況の把握なども行います。

 

 私が考える財務局の魅力は2つあります。1つ目は、国の機関でありながら、業務を通して様々な方向から地域と関わることができる点です。財務局には多種多様な業務がありますが、地域社会と密接に関わるものが多いです。2つ目は、困ったことがあれば助け合い、人を大切にする雰囲気がある点です。各種研修などで、同期と集まる機会もあり繋がりも強いです。

 

 就職活動にあたっては大変なことだらけだと思いますが、ぜひ就職活動以外の経験も大切にしてください。経験したことは、就職活動はもちろん、それ以外の様々な場面で活きてくると思います。陰ながら応援しています。

国と地域の架け橋

自席で撮影した画像

本局 経済調査課

令和3年度採用 男性

 

 私が所属する経済調査課では、各種経済指標の分析、企業ヒアリング等を通じて関東管内の経済状況を分析し、四半期ごとに財務局長会議にて報告および対外公表をしています。私は法人企業景気予測調査を担当し、調査票の回収や審査、公表資料の作成等を行っています。

 

 国の施策は地域の実情を的確に反映する必要があり、地域の声を中央に伝達することは財務局の使命でもあります。地域経済の調査や報告を通じ、国の施策に役立てることが出来るという点にやりがいを感じます。

 また、経済状況を正確に読み解き、先行きを予測することは財務専門官として、どの業務においても必要です。経済調査業務を通じて、そうした能力を磨き自身の成長に繋げることが出来る点もやりがいの一つです。

 

 財務局は幅広い角度から地域経済の発展に貢献することが出来るとともに、自身も成長できる職場です興味をお持ちの方はぜひ説明会へお越しください。

成長を実感できる職場

講演を行っている職員の画像

東京財務事務所 理財課

令和3年度採用 男性

 

 私の所属する部署は、生命保険募集人や、少額短期保険業者の監督を行っており、各種届出の手続きや、商品審査、ヒアリングが主な業務になります。分からない部分に関しては先輩や上司の方々が優しく教えてくださるため、日々知識が積み重なっていき、自身の成長を感じます。

 また、事務所では地域連携活動として、小・中学生向けに税金や財政、金融に関する授業を実施しています。

 

 私が財務局を志望した理由は、金融や財政に関して専門的な知識を習得することができると感じたことに加え、インターンシップに参加した際に、職員の方々が一つ一つの質問に対して丁寧に答えて頂き、職場の温かい雰囲気や、風通しの良さを実感することができたためです。

 

 財務専門官の業務は、財政、金融に関して幅広い業務に挑戦でき、自身の成長を実感できる職場だと思います。少しでも興味を持たれた方はぜひ一度、業務説明会に参加してみてください。

仕事とプライベートの充実

自席で撮影した画像

宇都宮財務事務所 統括国有財産管理官

令和3年度採用 女性
 
 私が所属する部署では、国有地の売払や境界確定といった、国有地の管理処分業務を行っています。担当地域を持って外部の方とやり取りし、実際に現地に行くこともあります。大変なこともありますが、優しく教えて下さる先輩や上司がいるので安心して働くことができます。

 その他に、地域連携活動として、小・中・高校生を対象とした財政に関する講義をしており、国有地の業務以外でも多くの方と関わり刺激を得ています。

 

 勤務後は、資格の勉強や最近始めた楽器の練習をして過ごしています。財務局ではテレワークやフレックス制度が利用できるので、休日はもちろん、平日でもプライベートの時間を充実させることができます。

簿記や宅建など各種資格の通信研修制度もあります。業務に直接関係しない資格も受講できるので、興味のあることに挑戦する環境が整っています。

 

 財務専門官として働く魅力は、仕事でもプライベートでも自分を磨けることだと思います。多くの方に興味を持っていただけると幸いです。

地域に開かれた業務

自席で撮影した画像

前橋財務事務所 理財課
令和3年度採用 男性
 
 私の所属する理財課では、県内の金融機関等に対するヒアリングの実施、届出や報告の受理といった監督業務を行っており、その中で、私は、金融商品取引業者、保険会社、貸金業者からの届出や認可の受理・審査を担当しています。

 その他にも若手職員が中心となって財政や金融の教育・普及などの地域連携の取組みにより、地域の課題やニーズに応じた地域貢献に取り組んでいます。

 

 私のような若手の職員であっても、実務経験が豊富な金融機関の職員や地域の幅広い世代の方々と直接接するため、知識の習得など自分自身の研鑽が必要であり、緊張感を伴うこともあります。その一方で、担当した案件が様々な議論や相手方への説明を通じて課題解決へとつながった時には、充実感や自身の成長を感じることができます

 

 是非、説明会で財務局の多様な業務を知っていただくとともに、当局職員と接し、財務局の魅力を感じていただけたらと思います。

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader