ページ本文

金融経済教育

成年年齢引下げに関するご案内

 令和4年4月から、18歳で成年(成人)となります。

 自分ひとりで契約ができるようになり、色んな勧誘・誘惑に接する機会も増えるかもしれません。

 お金を借りることも、ひとりでできるようになりますが、借りすぎには要注意です。

 

 18歳、19歳のあなたに伝えたい!!~成年年齢引下げを踏まえて~(金融庁へリンク)外部サイトへのリンク

講師派遣のご案内

 現代の社会では、誰であっても、生涯にわたって様々な金融商品と関わりを持つことになります。このような中、金融に関する知識と判断力(金融リテラシー)を身につけることは、私たちがより自立的で安心かつ豊かな生活を送るために重要です。

 財務局では、学校(小中高大専)の授業や教員向けの研修、地域のセミナーなど、ご依頼に応じた内容で、講師派遣(無料)をさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

 

 主な講演テーマ

 ・最近の金融事情

 ・金融商品の基礎知識

 ・金融トラブル・金融犯罪の被害防止(未公開株などの投資勧誘、特殊詐欺など)

 

 講師派遣のお申込みは、講師派遣のご案内をご覧ください。

金融経済教育に関するパンフレット・教材等

 

 金融庁では、各世代に応じた金融経済教育に関するパンフレット・教材等を公表しております。

 一般の方の学習向け以外に、実際の授業を行う先生方向けの指導教材もありますので、是非ご活用ください。

 

 ・一般向けパンフレット等(金融庁へリンク)

 ・社会人になる方向け(金融庁へリンク)

 ・中学生・高校生向け(金融庁へリンク)

 ・小学生向け(金融庁へリンク)

イベントのご案内

 第14回金銭教育イベントの開催について(令和4年8月3日、4日開催)(PDF形式:1,549.2KB)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader