ページ本文

令和4年1月28日に小樽市立高島小学校で「財政教育プログラム」を実施しました~小樽出張所

 北海道財務局小樽出張所では、国の財政を身近な問題として捉え、自分事として考えてもらうためにアクティブ・ラーニングを導入した特別授業を行っています。

 

1.開催概要

 実施日

 令和4年1月28日(金曜日)

 

 開催場所

 

 小樽市立高島小学校

参加者

 

 小樽市立高島小学校 小学6年生 34名

 

2.当日の内容

  

 当出張所の職員が講師となり、財政に関する基礎知識についてオンライン講義を行いました。

 その後、2つの国を例示し、どちらの国が良いか生徒に手を挙げてもらい、挙げた理由を代表者に発表してもらいました。
 参加した生徒の皆さんからは、下記のような意見をいただきました。
 

  • 日本の財政に興味を持てた。
  • 日本の財政は、私たちにも関係があることが分かった。
  • 日本が借金を抱えていることを初めて知った。
  • 税金が私たちのために使われていることを初めて知った。
  • 国のお金の集め方、使い方を知る良い機会になった。
  • 今後の日本のお金の使い方は、私たちも考えていかなければならないと思った。

オンラインで講義をしている講師の様子

オンラインで講義をしている講師

 

国の姿を選んでもらい、選んだ理由を発表している生徒の様子

国の姿を選んでもらい、選んだ理由を発表している生徒

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局小樽出張所総務課

電話番号:0134-23-4103

FAX番号:0134-22-9957

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader