ページ本文

令和3年8月26日に小樽双葉高等学校で「財政教育プログラム」を実施しました~小樽出張所

 北海道財務局小樽出張所では、国の財政を身近な問題として捉え、自分事として考えてもらうためにアクティブ・ラーニングを導入した特別授業を行っています。

 

1.開催概要

 実施日

 令和3年8月26日(木曜日)

 

 開催場所

 

 小樽双葉高等学校

参加者

 

 小樽双葉高等学校 高校3年生 14名

 

2.当日の内容

  

 当出張所の職員が講師となり、財政に関する基礎知識について講義を行いました。

 その後、グループワークを行い、生徒は財務大臣になったつもりで予算編成を行いました。
 グループごとに作成した予算案を発表する時間では、班内で議論した内容を踏まえて詳細に説明しました。

 その後、自分たちの発表内容について、他班の生徒から賛成・反対の紙を出してもらいました。
 参加した生徒の皆さんからは、下記のような意見をいただきました。
 

  • 他の人と意見交換を通して、より深く財政について考えることができた。
  • 日本の財政状況を知る良い機会になった。
  • 次の時代を生きていく僕達も日本の財政を考えていかなければならないと思った。
  • 日本が借金を抱えていることを初めて知った。

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局小樽出張所総務課

電話番号:0134-23-4103

FAX番号:0134-22-9957

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader