ページ本文

白川村立白川郷学園で財政教育プログラム特別授業を実施(令和3年11月25日)

 

 岐阜財務事務所では、白川村立白川郷学園9年生17名を対象に、昨年度に引き続き2回目となる「財政教育プログラム特別授業」を実施しました。

 当所職員による、クイズを交えた財政に関する講義の後、「日本の財政を考えよう」と題して、グループワークにより国の予算(歳入・歳出)を作成していただきました。

 グループワークでは、あらかじめ生徒たちが決めたテーマである「子育て」「高齢者」「グローバル」「サスティナブル(教育・環境)」に基づき、タブレットを活用して歳入・歳出額を調整することで、設定したテーマを実現できる予算になるよう、正解のない中グループ内で活発な議論を交わしていただきました。

 発表では、人口減少に対して移民を積極的に受け入れる案や、教育や環境への配慮を優遇する税制を通して持続可能な社会を目指す案など、豊かな発想で斬新な提案が数多くありました。

 本プログラムを通じて、将来自分たちが目指す社会について考えていただくとともに、生徒たちが普段あまり意識しない財政について議論し、財政を考えることを通じて人の行動変容を促すことができることを学んでいただきました。

 

 

グループワークの様子 財政に関する講義の様子

 

本ページに関するお問い合わせ先

東海財務局 岐阜財務事務所 総務課
電話 058-247-4111

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader