ページ本文

財政教育プログラム(in 岩手大学教育学部附属小学校)の開催について

1.開催の概要

(1)開催日:令和3年7月7日(水曜日)
(2)会場:岩手大学教育学部附属小学校
(3)対象:小学6年生 89人
(4)授業の内容:
   前半:講義 15分
     公共サービスに関するクイズを織り交ぜながら、歳入歳出予算や国債発行残高の推移などについて、
    財務事務所職員が講師となって説明しました。
   後半:グループワーク 60分
     予算編成を模擬体験し、発表と質疑応答を行いました。予算を編成するときは、班ごとにテーマなど
    を話し合い、タブレットを使って金額をシミュレーションします。その後、各班から編成した予算につ
    いて説明してもらい、他の班からの質問を受け付けます。

2.児童の皆さまからの声

〇 グループのみんなと、どうすればより良い予算になるかを考えて、協力して活動できてよかった。
〇 グループ同士で質問をして、自分の考えと比べて考えることができた。
〇 参政権が分かりました。選挙権は18歳からなので、日本が幸せになれるように今のうちからニュースなどを

 見て、自分にあった人を投票できるようにしたいです。

3.講師から

〇 社会保障費や国債発行額の増大など具体的な課題に対し、どの年代に、どんな政策を、どんな財源で、と

 いった観点から各班で議論し、タブレットを操作していた姿が印象的でした。

〇 財政を考えることは、国民主権について考えることにつながります。これをきっかけに、日々のニュースや

 出来事への関心を高めてくれたら嬉しいです。

4.当日の授業の模様

 タブレットを操作する児童の様子の画像

グループワークの様子

本ページに関するお問い合わせ先

東北財務局 盛岡財務事務所 総務課

電話:019-625-3351

 

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader