ページ本文

令和3年の災害復旧事業(国庫補助対象分)について

 令和3年の災害復旧事業(国庫補助対象分)について公表しました。

 概要は以下のとおりです。

 

1.令和3年の災害復旧事業の状況

 

 北海道財務局が令和3年に立会した国庫補助対象となる災害復旧事業は、件数が63件、事業費(決定額)が約22億円となりました。

 直近10年間で比較してみると、件数では3番目に少なく、事業費では最も少ない金額となりました。

2.施設別の事業費の状況

 

 施設別の災害復旧事業費をみると、道路が約8億円(全体の約35.2%)、河川が約7億円(同33.5%)と公共土木施設が大宗を占めているほか、漁港が約5億円(同20.4%)となっています。

 

3.原因別の事業費の状況

 

 原因別の災害復旧事業費をみると、豪雨が約12億円(全体の53.2%)と半数を占め、次いで風浪が約9億円(同42.2%)、暴風が約1億円(同4.6%)となっています。

 

詳細版(PDF形式)

 

 詳細については、下記詳細版PDFファイルをご覧ください。

 令和3年の災害復旧事業(国庫補助対象分)について(PDF形式:659.8KB)

本ページに関するお問い合わせ先

北海道財務局理財部主計課
電話番号:011-709-2311(内線4332、4337)

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Acrobat Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Acrobat Reader