ページ本文

東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~

 東京財務事務所では、東京島嶼地域を元気にするために、各島の自治体・商工会・東京都・金融機関・政府関係機関・中小企業等の異業種交流を応援するプラットフォームとして、「東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~(通称:島サロン)」を開催しています。

【沿革】
 平成28年5月に東京活性化サロンWith Islandsを設置。平成29年5月に株式会社日本政策金融公庫と連携し、「東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~」を設置しております。
 
お問い合わせ先:東京財務事務所 総務課(広報担当) 03-6686-3434
 

第3回東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~(平成30年11月2日(金曜)開催) 日本政策金融公庫東京中央支店 【東京島嶼地域活性化実現会議×東京財務事務所】

1.参加者 計81名
2.説明
「日本政策金融公庫統合10周年を迎えて」
 日本政策金融公庫東京中央支店 坂本 浩之 支店長
3.パネルディスカッション
「島嶼地域および東京都における地域活性化(オープンイノベーション)に向けた提言」
 ファシリテーター 特定非営利活動法人 離島経済新聞社 大久保 昌宏 代表理事
    パネリスト 一般社団法人 離島総合研究所 上田 嘉通 代表理事
          デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社事業統括本部 戸田 裕昭 氏
          新島ネオライト工業株式会社 木村 諭史 代表取締役社長

 日本政策金融公庫統合10周年記念事業と共催として行われ、島嶼地域の活性化を支援する自治体、金融機関、商工会などが参加しました。東京財務事務所の加藤所長の挨拶に始まり、日本政策金融公庫東京中央支店の坂本支店長による公庫統合10周年を迎えての説明の後にパネルディスカッション「島嶼地域および東京都における地域活性化(オープンイノベーション)に向けた提言」を行いました。
 パネルディスカッションでは、離島などで地域おこしに取り組まれている4名の若手活動家から、支援機関に対して様々な提言が示されました。参加者からのアンケートでは、「パネラーの実体験に基づく話は、新たな切り口での意見が多く勉強になった」などの意見が寄せられました。
 

離島経済新聞社 大久保代表理事

パネルディスカッション

離島総合研究所 上田代表理事

デロイトトーマツベンチャーサポート株式会社事業統括本部 戸田氏

新島ネオライト工業株式会社 木村代表取締役社長

第2回東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~(平成30年1月31日(水曜)開催) 日本政策金融公庫東京中央支店 【東京島嶼地域活性化実現会議×東京財務事務所】

1.参加者 計87名
2.基調講演
 「島しょ観光の現状と課題~観光、UIターン、移住・定住促進~」
  特定非営利活動法人 離島経済新聞社 大久保 昌宏 代表理事
3.パネルディスカッション
 「伊豆大島における空き家活用事業の課題と発展」
  合同会社シマラボ 古山 めぐみ 氏
 「島しょの活性化の切り札は観光産業の支援」
  新島村商工会 下井 勝博 経営指導員
 「移住相談の現場から~15年間の新島暮らしを経て~」
  NPO法人ふるさと回帰支援センター 柳沢 寿樹 相談員
4.四国財務局と香川大学の地方創生連携事例
 「小豆島×迷路民泊×空き家」
  財務省四国財務局 松井 一時 金融証券検査官
           北村 愛里紗 人事係員

 『東京島しょ観光~「いまtoミライ」』をテーマに、日本政策金融公庫東京中央支店との共催で、島嶼地域の観光振興や移住・定住促進を目的としたサロンを開催しました。島嶼地域の活性化を支援している産学官金の各機関が参加し、島嶼地域活性化の現状や課題、活動報告などを講演、パネルディスカッション、意見交換会にて話し合いました。
 また、島嶼地域活性化のための具体例として、財務省四国財務局職員と香川大学学生の連携による香川県小豆島のビジネスプラン提言(本案件は、内閣府主催の「地方創生☆政策アイデアコンテスト2017」にて地方創生担当大臣賞を受賞)にかかる事例紹介を行いました。
 

日本政策金融公庫 山田地区統括によるご挨拶

離島経済新聞社 大久保代表理事

参加者との質疑応答

パネルディスカッション

四国財務局職員による地方創生事例紹介

第1回東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~(平成29年5月29日(月曜)開催) 東京財務事務所 【東京島嶼地域活性化実現会議×東京財務事務所】

1.参加者 計73名
2.基調講演
 「特産品の商品化に係る独自の取組みについて」
 株式会社イタドリ 愛甲 大 代表取締役
3.各機関における支援メニューの紹介


 平成28年5月に東京財務事務所主催で島嶼地域の活性化を目的とした「東京活性化サロンWith Islands」を開催しておりますが、平成29年度は日本政策金融公庫東京中央支店との共催により融資や補助金等、企業支援機関の連携を目的とした「東京島嶼地域活性化実現会議~東京活性化サロンWith Islands~」を開催しました。
 基調講演や各機関における支援メニュー紹介の後、活発な意見交換が行われるなど、今後の支援機関同士の連携により島嶼地域の活性化につながっていくことが期待されます。
 

特産品の商品化に係る独自の取組みを説明する愛甲氏

愛甲氏の講演を聴講する参加者

PDFファイルをご覧いただくにはAdobe Reader(無償)が必要です。
ダウンロードした後インストールしてください。

Get Adobe Reader